LPで重要なAIDAの法則-心理学を応用したストーリー構成でユーザーを引き込もう

LPO    624 views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
LPで重要なAIDAの法則-心理学を応用したストーリー構成でユーザーを引き込もう

1.ランディングページはストーリー構成が大事

よくホームページは24時間働いてくれる会社の営業マンに例えられますが、営業マンがクライアント先に訪問して契約を取るまでには、挨拶から始まり、興味付け、共感、提案、クロージングというように必ずゴールまでのストーリーがあります。

 

同様にランディングページでもユーザーの心理状態を考えながら、ゴールまで導くためにストーリー構成をしっかりと組み立てる必要があるのですが、ストーリー構成がしっかりしていなかったら、ユーザーは魅力を感じず途中で離脱してしまうでしょう。

 

ランディングページのゴールは会員登録や問い合わせなど、ゴールは変わってもユーザーに何かしらの行動を起こしてもらうように、その動機を刺激するということが必要です。

 

 

2.営業の世界でも使われるAIDAの法則とは

弊社では非公開の新築一戸建てをお探しのエンドユーザー様のみをターゲットにした、会員登録制の反響媒体を扱っていますが、これもリスティング広告などから集客するランディングページと言えます。

 

営業先のクライアントからは、「ちゃんと集客できてるの?」とたまに言われるのですが、そこは抜かりなくやっています(笑)

 

たんに集客だけでなく成果もしっかりと出したいですので。

 

ここではランディングページのストーリー構成についてのお話なので、リスティング広告の手法については別の記事で詳しく説明します。

 

まず、ユーザーがランディングページに導かれた時の、心理状態を考えてみましょう。

 

「優良な非公開新築一戸建て情報がタダなんだ・・(広告を見て)将来のために見てみたい(ポチッ)」

 

ほとんどのユーザーが、物件は具体的に決まっていないけど、いつかは家を持ちたいという、どちらかというとハッキリとしたニーズのユーザーではなく「ぼんやりとしたニーズのユーザー」です。

 

そこで「ぼんやりとしたニーズのユーザー」に最終的に会員登録してもらえるようなストーリー構成を考える必要が出てきます。

 

営業の世界で使われている心理学を応用したストーリー構成のテクニックがあるのですが、AIDA(アイダ)の法則というものがあります。

 

もともとはアメリカのローランド・ホールが提唱した「消費行動」の仮説で消費者の心理的プロセス・モデルAIDMA(アイドマ)の法則があるのですが、記憶してお店に行く必要がないため、M=Memory(記憶)を抜いたものです。

 

以下のように大きく分けて「認知段階」「感情段階」「行動段階」の3プロセスに別れます。

 

Attention:注意 ユーザーの注意を引く部分

「えっ!一般公開されない有料物件情報が無料で手に入るの?」

 

Interest:興味 ユーザーが興味をもってくれる部分

「人気のある物件やお買い得物件は、出た瞬間に契約となってしまう」

「提携する不動産会社は、まだ市場へ情報を出せない非公開物件を沢山仕入れている」

 

Desire:欲求 ユーザーにとってのメリットやお得感を伝える部分

「在庫処分物件など、掘り出し物もたくさん知ることができる」

「不動産会社に足を運ばなくても、非公開新築一戸建て情報を複数社から一括収集ができる」

 

Action:行動 ユーザーに行動を起こしてもらう部分

「他人より早く情報を知れば、良い物件を安く購入できるチャンスがありそう」

「完全無料だし、たった30秒で登録できるんだ」

 

 

公開物件と比較した時の非公開物件のメリット、他人より早く情報を知ることで、良い物件を安く購入できるという優位性をしっかり伝えることで、より理解が深まり会員登録してもらえる可能性が高まるのです。

AIDAの法則LPO

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたに紹介したい商品

関連記事

LPOの活用で訪問者の離脱を防ぐ-ランディングページ最適化とは

LPOの活用で訪問者の離脱を防ぐ-ランディングページ最適化とは

1.LPOとは 我々は日常的にLPOという言葉は良く使っているのですが、今一度おさらいしてみます。