こんなWEB制作会社には騙されるな!-パートナーにすべき会社とは

反響奉行弊社紹介    2,066 views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
こんなWEB制作会社には騙されるな!-パートナーにすべき会社とは

1.おいしい話には裏がある!?

「T社長、未来不動産を信頼していただいてありがとうございます」Sは申込書を鞄に入れると頭を下げた。

 

「頼むよ、S君」

 

「はい!」そう言うと未来不動産Sは代表Tとガッチリと握手を交わした。

 

「最後にお聞きしますが、なぜ多くの会社の中から弊社を選んでくれたんですか?」

 

「理由?今まで15社くらい話を聞いたんだけど、何かピンと来るものがなかった。一番はS君の熱意かな(笑)」

 

「はぁ、ありがとうございます」

 

「さっきも話したけど、大事なのは一緒にこの会社の未来を創っていけるかどうか、そこかな(笑)」そう言うと代表Tはニヤリと微笑んだ。

 

「正直言うともっと規模の大きい会社や、費用の安い会社の営業マンも来たよ。でも商品を売り込もうとしてばかりで信頼できなかった。求めてるのはそこじゃないんだよね。でもS君はうちの会社の将来まで考えてくれた」

 

「なんだか照れますね、ごく当たり前のことをしたつもりなんですが」Sは照れながら頭をかいた。

 

・全部タダで不動産ホームページが持てますよ

・めちゃくちゃSEOに強いですよ

・絶対に成約につながる反響を獲得できますよ

 

このような営業をされたことはないだろうか。

 

もしどこかの会社がこのよう営業トークをしてくるような場合は、一旦疑うべきである。

 

まず全部タダでホームページがもてるケースは少ない。

 

1つ目は初期費用や制作費用を無料にして月々のメンテナンス費という名目で詐取するパターン

こういった会社は実際には多いのだが、問題は「全部タダ」という部分で嘘偽になる。

初期費用「無料」ということであれば誤解を与えない。

 

また数年リース契約を迫る営業マンや会社は要注意だ。

 

「クーリングオフ」制度は企業の場合は対象外であるため、ビジネス目的で締結したリース契約は中途解約ができない。

 

5年程度のリース払いで月々の費用を小さく見せ、高額なホームページを売りつけるというのが彼らの常套手段なのだ。

 

インターネット関連業界はドッグイヤーという言葉があるくらい技術革新の変化が激しい業界で、リースが終わる頃にはデザイン、システム、サービスは当然陳腐化している可能性が高い。いや間違いなく陳腐化しているだろう。

 

2つめはリンク集や情報ポータルサイトのような形で、無料で自社サイトを作れたり物件掲載ができるパターン。この場合は全くコストをかけずに自社をアピールでき集客できると言っていい。

 

そしてSEOの強さによほど自信があるのか、SEOの部分を必死にアピールする会社にも注意が必要だ。

 

今時どこのWEB制作会社でも最低限のSEO対策や工夫などは行っているし、SEOそのものが目的になってしまっている。

 

「うちの会社はめちゃくちゃSEOに強いんです」なんて言っておきながら、結局SEOの毎月のレポートを提出するだけで何もしない会社もあり、それで毎月何万円も取るなんていう詐欺のような話も実際にあるのだ。

 

更に「絶対に成約につながる反響を獲得できます」と断言できれば素晴らしいが根拠がまるでない。

 

はたしてその会社は不動産営業まで行うのだろうか。そうなれば不動産会社は何もすることがなくなってしまう。

 

そもそも根拠がないのに「絶対」や「必ず」という言葉を使う営業マンは疑うべきである。

 

最初にお金をたくさん巻き上げて後は知らんぷり、そんな会社も多いので注意していただきたい。

 

おいしい話には裏があると良く言われるが、見極める為の自己防衛も大切なのだ。

 

2.信頼できるWEB制作会社の見分け方とは

・不動産会社のホームページ制作の実績が多い

・会社としての戦略を考え助言やアドバイスをしてくれる

・制作ではなく成果を目的としている

・押し売りをしない

 

「S君、信頼できる会社かどうかの見分け方はこんなところかな」

 

・制作/企画

・システム

・集客

・運用

 

「そうですね。あと経験から言えることはWEB集客で成功してる不動産会社は、例外なく4つ全てが上手くいっています。未来不動産研究所は上場企業やセンチュリー加盟店のサイト制作実績も多く成功ノウハウをもち、SEOやリスティング広告による反響創作支援から、獲得反響をどうやって成約につなげるか、そういった成約コンサルティングや無料研修までさせていただいてます。

 

営業力には自信があるとおっしゃっていた会社様でも、経営者が当たり前だと思っていたことが実は社員が理解しておらず、弊社のコンサルで会社の現状とありたい姿のギャップを埋めることができたと、おっしゃっていただいたこともあるんです」

 

「そうか、つまり未来不動産研究所はシステムではなく成功を売っているんだね?」

 

「その通りです」Sはそう言ってニコッと微笑んだ。

 

 

「想い」と「挑戦」が未来を創る

 

我々の会社には不動産業界の経験者は一人もいません。

 

しかし、これまでに成績優秀な数十社にものぼる不動産業者様の案内獲得や商談現場のハリツキ調査の経験から、現場の想いや悩みを理解し新しい視点で営業アイデアを提供してきました。

 

御社だけの営業ノウハウを構築しスタッフ全員が共有する、そうすることで成約率も飛躍的に向上します。

 

未来不動産研究所は御社の想いを受け止め、二人三脚で成功へと挑戦し続けます。

SEOWEB制作会社クーリングオフリース契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたに紹介したい商品

関連記事

インターネット広告費がテレビ広告費を追い抜く日は近い!?-不動産業界でも高まる需要

インターネット広告費がテレビ広告費を追い抜く日は近い!?-不動産業界でも高まる需要

1.広告市場は今後テレビ広告からインターネット広告へ変化する!? “ 近い将来日本のインターネット

リスティング広告を制する者は反響を制する-ロングテール戦略

リスティング広告を制する者は反響を制する-ロングテール戦略

1.ロングテールとは 「ロングテール」という言葉は何となく知っている方も多いと思うのですが、ここで

逃げられた感

追客方法がわからず失客・他決するケースって、実はすごく多いんです

営業スタッフ様に反響の追客状況をお伺いすると、問い合わせ頂いたエンドユーザー様の対応方法がわからず、

こんなSEO業者には要注意!-ブラックハットなSEO手法はペナルティ対象に

こんなSEO業者には要注意!-ブラックハットなSEO手法はペナルティ対象に

1.横行するブラックハットSEO手法 「検索エンジンで上位表示してもっと集客しませんか?」