スマートフォンで不動産物件を探す人が1年で2倍に!?-反響獲得にはスマートフォン対応が必須に

スマートフォンサイト反響奉行    1,138 views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スマートフォンで不動産物件を探す人が1年で2倍に!?-反響獲得にはスマートフォン対応が必須に

1.スマートフォンでの1日のインターネット利用時間はPCの2倍

以前、別のコラムでスマートフォンでのインターネット利用者が2015年4月時点で4,832万人となり、2015年中にPCからのインターネット利用者数5,100万人を超える可能性があることをお伝えしました。
 

さらにニールセン㈱が2015年に行った国内のインターネット利用動向に関する調査結果では面白いデータがあります。

 1日あたりのインターネット利用時間 2015年4月

【1日あたりのインターネット利用時間】

性年代別 スマートフォンからの1日あたりのインターネット利用時間 2015年4月

【性年代別 スマートフォンからの1日あたりのインターネット利用時間】

 

PCからのインターネット利用時間は1日あたり54分で前年同月比で3分(5%)増に対し、スマートフォンからのインターネット利用時間は1時間48分で前年同月比で8分(7%)増となっており、スマートフォンでのインターネット利用時間はPCと比べ実に2倍にもなっています。
 

また、スマートフォンからのインターネット利用時間を「性別・年代別」で調べた調査では、29歳以下の女性が1日あたり2時間24分と最長で、次に30代の女性が1時間52分、40代の女性が1時間45分と続き、女性が上位を独占しています。
 

このことからも、男性よりも女性の方がスマートフォンでインターネットを利用する時間が長い傾向があることがわかります。
 

「いつでもどこでも手軽に利用できる」スマートフォンやタブレットが急速に普及し、各デバイスを通じて得られる情報量の差が縮小しているなかで、今後は本格的にスマートフォンを入り口としてインターネットを利用する時代が来ることを示唆しています。

 

出典:ニールセン株式会社 スマートフォン視聴率情報および、PC版インターネット視聴率情報
http://www.netratings.co.jp/news_release/2015/05/Newsrelease20150526.html

 

 

2.不動産物件探しは子供をもつ女性がスマートフォンで行っている!?

2014年10月30日に「不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC)が一般消費者向けに実施した「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果ではこんなデータがあります。
 

スマートフォンを利用した物件検索者の割合は全世代を通して大幅に増加している一方、パソコンを利用した物件検索者の割合は減少しており、特に20代以下の若い世代は2014年には前年の54.1%から72.9%へ増加し、30代で2014年には前年の35.2%から58.8%へ増加しています。
 

ここ数年のスマートフォンの爆発的な普及で、物件検索方法が大きく変わっていることがわかります。

 

下記の図は弊社制作のホームページを導入していただいている不動産会社のデバイス別会員登録数の推移と、会員登録数のうちスマートフォンからの会員登録の割合です。

サイトデバイス別会員登録数

【弊社制作サイト デバイス別会員登録数】

全会員登録数のうちスマホからの会員登録の割合

【全会員登録数のうちスマートフォンからの会員登録の割合】

デバイス別会員登録数の推移を見ると2012年10月頃まではPCからの会員登録数が多かったのですが、2012年12月頃にはスマートフォンからの会員登録数はPCを上回り、2015年に入ると急激に増え続け2015年8月時点でPCからの会員登録数の倍以上まで増加しています。
 

さらにスマートフォンによる会員登録が占める割合を見ると、GoogleがYahoo!の2倍以上の割合を占めています。
 

下記データは弊社制作のホームページを導入していただいている不動産会社様3社の、ディスプレイ広告による1ヶ月間の会員登録数(CV)の平均値です。

性別

男性 PC     14.6
男性 スマホ   20.6
女性 PC     21.3
女性 スマホ   42.3

子供の有無

子供有 PC    11.0
子供有 スマホ  33.3
子供無 PC    17.6
子供無 スマホ  16.3

年齢別

25-34 PC    5.9
25-34 スマホ  17.6
35-44 PC    8.3
35-44 スマホ  29.3
45-54 PC    6.6
45-54 スマホ  7.6
55-64 PC    8.3
55-64 スマホ  1.6
65~  PC    6.6
65~  スマホ  2.0

 

非常に興味深いことに上記の「性別・年代別スマートフォンでのインターネット利用時間」の調査結果と整合性があるように見えますね。
 

性別で見ると、女性のスマートフォンからの会員登録数が男性と比べ倍以上も多く、男性よりも女性、PCよりもスマートフォンからの会員登録数が多い傾向があることがわかります。
 

子供の有無では、特に子供有でスマートフォンからの会員登録が圧倒的に多く、会員登録数全体の3割以上を占めています。
 

さらに年齢別では35~44歳の会員登録数が全体の4割を占め、特にスマートフォンからの会員登録数が、他の年齢層と比べても突出して多い数値になっています。

 

これらのデータから「20代~30代の子供をもつ女性が、不動産物件をスマートフォンで探している」ということが推測できるのではないでしょうか。
 

もっとも、マイホームへの条件が細かく、物件探しで主導権を握っているのは女性の方なのかもしれません。

 

いずれにしても、不動産会社にとって反響獲得のためには自社サイトのスマートフォン対応の重要性は疑う余地はありません。スマートフォンが急速に普及してきた今、訪問した不動産サイトがスマートフォンに対応していない場合は、多くの人が他の不動産サイトに移ってしまう可能性が高く、検索エンジン対策としても不利になってしまいます。

 

未来不動産研究所はこれまで数多くの不動産会社様のホームページ制作を手がけ”反響が取得できる”ホームページで売上アップを実現してきました。
 

もちろんスマートフォンにも対応も可能で、御社の特徴に合わせてユーザー体験から逆算する「情報設計・レイアウト」などのUIデザインから、物件検索など使い勝手やコンバージョンなども重視したUX設計までトータルで行い価値を実現します。
 

「本気で自社の売上を増やしたい!」
 

「反響をもっと増やしたい!」
 

集客でお困りなことがあれば、ぜひお問い合わせください。
 

我々も本気で御社の「未来」を切り開くお手伝いをさせていただきます。

 

参考:不動産情報サイト事業者連絡協議会(RSC) 「不動産情報サイト利用者意識アンケート」調査結果
http://www.rsc-web.jp/pre/img/141030.pdf

UIUXスマホ対応スマートフォンサイトディスプレイネットワーク広告ホームページ制作モバイルフレンドリー会員登録反響奉行反響獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたに紹介したい商品

関連記事

今注目されているカスタマージャーニーとは!?-カスタマージャーニーからわかる顧客の行動の流れ

今注目されているカスタマージャーニーとは!?-カスタマージャーニーからわかる顧客の行動の流れ

1.カスタマージャーニーで顧客の行動や心理を理解する 「カスタマージャーニー」とは分かりやすく言う

インターネット広告費がテレビ広告費を追い抜く日は近い!?-不動産業界でも高まる需要

インターネット広告費がテレビ広告費を追い抜く日は近い!?-不動産業界でも高まる需要

1.広告市場は今後テレビ広告からインターネット広告へ変化する!? “ 近い将来日本のインターネット

かっこいいサイトが成果を出すとは限りません。ターゲットに合わせたUIデザインと問題点を本質的に改善できるUXにすることが重要です。

WEBサイトをリニューアルしたのに売上が激減-いったい何が悪かった!?

1.かっこいいサイトが成果を出すとは限らない!? 様々な不動産仲介会社様とお話する機会がありますが

努力すれば必ず報われる!?-頑張ってるあなたが報われない理由

努力すれば必ず報われる!?-頑張ってるあなたが報われない理由

1.なぜあの不動産会社は努力しても報われないのか 「いろいろと集客に力を入れて頑張ってるんだけど、