不動産会社のWEB担当者も知っておくべきCROとは-グロースハックでWEBサイトを改善する

反響奉行    554 views

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
不動産会社のWEB担当者も知っておくべきCROとは-グロースハックでWEBサイトを改善する

1.CROとは

「I社長、不動産集客に必要なことでサービスの独自化の他にも、実はサイト全体で大切なことがあるんです」

 

「サイト全体で大切なこと!?」代表Iが未来不動産Sに質問した。

 

「それはCROです」

 

「CRO!?また難しそうな単語だね(笑)」

 

CROとは、Conversion Rate Optimizationの頭文字の略で、WEBサイトに訪れたユーザーのコンバージョンする確率を高めるための施策全般のことを差し「コンバージョン率最適化」のことを指す。

 

「たしかに英語の頭文字を略した単語が多くてややこしいのですが、CROも重要なのでちょっと聞いてください。

 

サイト訪問者のコンバージョン率を高める施策としては、LPO(ランディングページ最適化)やEFO(エントリーフォーム最適化)がありますが、LPOはランディングページ(一番最初に訪れたページ)における最適化、EFOはエントリーフォームの最適化を目的としているのに対して、CROはWEBサイト全体をコンバージョン率向上に向けて最適化させるための施策なんです」

 

「サイト全体を最適化…?」

 

「はい、そうです。弊社は不動産会社に特化したWEB制作・コンサルが得意ですので、いかにサイト訪問者の離脱率を下げ、会員登録につなげるか日々考えています。

 

一度サイトのどこかのページに着地した来訪者には、サイト内でページ遷移を経て最終的には会員登録や問い合わせに向かってほしいのですが、この過程でいかに離脱率を低減するかがコンバージョン率対策になってきます。

 

ここで言うコンバージョン率とは会員登録に結び付いた来訪者数の全来訪者に対する比率で、コンバージョン率が0%であれば来訪者全員が一切のコンタクトを行うことなくサイトから離脱することを意味し、10%であれば全来訪者のうち10人に1人が会員登録するという事になります」

 

「いかに会員登録率を向上させるか、そのための施策ってことだね」

 

「その通りです」

 

2.グロースハックでWEBサイトを改善する

「I社長、それからグロースハックという言葉をご存知ですか?」

 

「グロースハック?」

 

グロースハック(Growth Hack):製品やサービスを利用するユーザー動向データから得た数値やフィードバックなどを解析し、製品・サービス自体の改善を迅速に繰り返して、マーケティングの課題を解決する手法。

グロースハック

 

2010年にアメリカQualaroo社CEOショーン・エリス氏によって提唱された「グロースハッカー」という職種が元となって生まれた言葉である。

 

「グロースハックって、できるだけコストを使わず収益性を向上する施策として最近注目されてるんですよ。基本的にはCROの1つとして捉えることができます」

 

Sは自信満々に続けて説明した。

 

「アメリカなんかでも近年、TwitterやFacebookなどたった数年で数億人のユーザーを獲得して急成長したサービスには、必ず「グロースハッカー」と呼ばれる技術者がいるんです」

 

「へえー、S君は何でも知ってるんだね」代表IはSの知識の豊富さに下を巻いた。

 

「グロースハックは基本的には以下の手順で進めます。弊社でもオーダーメイドのWEB制作では取り入れてますよ」

 

1.現状分析

2.仮説立て

3.優先順位を確認

4.デザイン(機能、UIなど)

5.実装

6.効果測定

 

まずサイトの現状を分析して仮説立て、優先順位を確認する。

 

次にユーザーインターフェースを意識したA/Bデザインを用意し、実装して効果測定する。

 

「A/Bテストによるコンバージョン率向上などが、グロースハックの第一歩です」

 

「すごい!S君の会社はWEB制作だけでなく、成果まで意識してるんだね」

 

「はい。とは言え結局のところ、成果を上げるにはWEBサイトに訪れたお客様に物件情報や会社の強み、営業スタッフ様の魅力をいかに伝えられるか、というところが根本にあるんです。

 

それに購入する前のお客様だけに目が行きがちなんですが、実は既存客も大事なんです。会社や営業スタッフのファンになってもらうことで、その場限りのコンバージョンだけでなく、ソーシャルメディアなどのクチコミ拡散によって、将来的により多くのコンバージョンにつなげることができるんです」

 

「なるほど!未来不動産に頼めば間違いなさそうだね(笑)」

 

未来不動産研究所では、これまでのWEB制作・コンサルティングで培った技術力・分析力などのノウハウを活かし、

 

不動産会社様のニーズに応えられるWEB制作からコンテンツ企画、コンバージョンアップにつなげる設計を行い、

 

WEBサイト制作後もA/Bテストによるコンバージョン率の調査・分析から、PDCAサイクルを回すことでCRO向上を目指しています。

CROLPOグロースハックコンバージョン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだあなたに紹介したい商品

関連記事

不動産業界は360度動画によって激変?

不動産業界は360度動画によって激変?

1. 360度動画って何? 皆さんは、360度動画をご存じでしょうか? 

隣の不動産会社はなぜ成約率が高い!?-反響獲得&成約コンサルティングで売上げUP

隣の不動産会社はなぜ成約率が高い!?-反響獲得&成約コンサルティングで売上げUP

1.お客様は他社の物件も見たいもの!? 「いらっしゃいませ」 6月のある

かっこいいサイトが成果を出すとは限りません。ターゲットに合わせたUIデザインと問題点を本質的に改善できるUXにすることが重要です。

WEBサイトをリニューアルしたのに売上が激減-いったい何が悪かった!?

1.かっこいいサイトが成果を出すとは限らない!? 様々な不動産仲介会社様とお話する機会がありますが

未来のお客様こそ売上げアップの秘訣-経営資源の再配置

未来のお客様こそ売上げアップの秘訣-経営資源の再配置

1.問題点は本当に集客!? 営業で不動産会社を訪問して、相談を受けることで一番多いのが「どうすれば